as1410でJolicloud!

CULVノートでUNR使ってみたい人がいたらチャレンジするかなーと思って、とりあえず僕もas1410に入れてみました(Ubuntu9.10 64/32版ともにスリープがダメダメ&起動に2分以上かかるってのが大きいんですが。。。実はディスクがおかしいんかな???) 。


この間のaspire oneより画面が広い。

このJolicloudですが、既にベータテストが始まりましたのでサイトからISOなりなんなりダウンロード可能な状態となっています。試してみたい方は是非。inviteも出来るのでtwitterでDでメルアドでも送ってもらえればお送りします。

こいつとacer aspire as1410との相性はと言うと。。。今のところ快調ですが。。。色々ネタはあります。

良いところ:
  • 今のところ100%スリープが使える。蓋閉じ、Fn+F4ともにOK。復旧後の無線LANも問題無し。これはとても大きいですね。
  • 常に最大化(何て言うツールなんでしたっけこれ)で画面が広く使える。as1410は天地が768しかないので、ステータスバーがつかなかったりして地味に広がるのがうれしい。
問題点:
  • インストール後のブートでエラー出まくり&無茶苦茶時間かかる。ちと違うけどこんなのがいっぱい。よくブート出来たもんだ。1度起動したら落とさなきゃ何てことないのかも知れんが。。。
ata5.00: failed command: READ FPDMA QUEUED
ata1: status: { DRDY ERR }
ata1: error ICRC ABORT
などなど
  • 標準では無線LAN認識してくれません。なので別マシンか有線でつないでインテルのサイトから「1000 Images – for Intel WiFi Link 1000BGN」を落としてきて /lib/firmware/ に入れて再起動してあげる必要があります。
  • Fnキーでのハードウェア、全部動かないかも。。。カメラ、SDカードはOK、試した範囲で動いたのはF1/F4/F7/F8/カーソルでの音量、輝度、などなどもOK。というかこれらFn+色々なキーを試している間にハングしたのでもうこれ以外やってません(涙)
  • で、パッケージマネージャはMy Jolicloudしか無いわけですが、emacs23はどこ?(違)
     最後にお約束のunameを貼っておきますか。ホスト名は破烈の人形にしてみました(うちのマシンたちMHの名前付いてるの多し。MacBookはaugeだし)。

    west@bang-doll:~$ cat /proc/version
    Linux version 2.6.32-1-jolicloud (adamm@gw) (gcc version 4.3.3 (Ubuntu 4.3.3-5ubuntu4) ) #3 SMP Thu Dec 3 05:54:26 MST 2009
    west@bang-doll:~$ uname -a
    Linux bang-doll 2.6.32-1-jolicloud #3 SMP Thu Dec 3 05:54:26 MST 2009 i686 GNU/Linux

    やっぱりサスペンドが気になる。。。カーネルを上げてみるも撃沈

    んー、やっぱり使えたのはあの1回だけ。。。なんでだろ。

    ちと頭にきて、カーネルを上げたらどうなるんだろ?と思いhttp://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/にある v2.6.32および v2.6.33-rc1の両方を試してみました。
    -> 結果、NGでした。。。とほほ。

    特に2.6.33-rc1は例のEXT4のびっくりな不具合が修正されたっぽいので期待したのですが。。。両カーネルともXが何とか立ち上がるんですが激しく画面がちらついて操作できず、tty1にも切り替えられずと言う無茶苦茶な状況だったので、断念しました。

    お陰様で、ちょっとだけgrub2と仲良くなれましたのでメモしておきます。

    【grub2ってどうやって設定するの???】
    基本は /etc/default/grub を編集して、
    sudo update-grub
    すると /boot/grub/grub.cfg が自動的に書き換わることになる。

    ただ、非常事態でUSBからブートしたときなどはそんなことやってられないので、直接 /boot/grub/grub.cfg を書き換えることになる。このファイルはリードオンリー属性になってるので、viで書き込むときは :w! で書き込んであげましょう。

    ちなみに /etc/default/grub の以下2行
    GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
    GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
    をコメントアウトすれば、毎回ブート時にカーネルの選択が可能になります。あれこれ入れたカーネルを切り替えるときにはお試しを。

    Ubuntu9.10サスペンド問題再び

    .orgの方ではものすごく長いスレッドで騒いでいるにもかかわらず日本ではあんまり誰も騒いでいない気がする9.10のサスペンド不具合。

    僕のas1410の場合は、蓋を閉じたときおよびFn+F4キーでのサスペンド自体は素早く出来て問題なし。
    蓋を開ける、もしくはキーを触るでパスワード確認画面が出るまでも問題なし。ここまではすごく速い。
    で、 パスワード入力後、デスクトップに戻ってくるも、無線LANも復旧できないし、そもそもキーボード入力を受け付けない!(さっきのパスワードを入力するときとか、メッセージを残すとかでは問題なかったのに)。
    で、Terminalでshutdowを試みようにもキーボードが全然反応しないので出来ず、tty1に切り替えようにもAlt+Ctrl+F1も効かず、 どうしようもない状態になる。

    で、Gnomeのシャットダウンボタンは押せるので押すと、すぐ画面は落ちるけど、100%正常にシャットダウンは出来ない(途中で止まる。エラーメッセージはメモってないけど。。。)。こうなると、いつまでたっても電源が切れないので仕方なく電源ボタン長押し、と。。。

    あれ、以前試したけど再度、この投稿を試したところ、蓋閉じはNGだけどF4のスリープでは復旧後ちゃんと使えたよ!
    って、こういう風に動いたり動かなかったりするからおかしいんだよねー。。。

    そういえばiMacが無事退院

    して戻ってきました。それも、11日の15時ピックアップ、12日アップル着、12日(!)アップル出荷、15日受け取り、と言うことで日帰り入院!?事実上ヤマトの倉庫で寝てた時間の方が長かったようです。

    それで、元々250Gの小さめなハードディスクだったんですが、どうもこんな小さいディスクは今どき在庫がない&入荷も未定とのことで、320Gのディスクに入れ替えられて帰ってきました。ほぼ全データを失った訳ですがほんのちょっとだけ得した気分(?)。
    (今度からは心を入れ替えてタイムマシンを使います)

    で、問題はiTunes Storeでいろいろ買っていた曲だのビデオだのがぶっ飛んだわけですが、これ、普通に再ダウンロードできるだろう思いきや実はそうでもないらしく(汗)。むー、結構被害金額大きいよね、これ。。。

    ぼちぼち環境設定

    さて、相変わらずサスペンドの後のネットワーク/キーボードの復旧が出来たり出来なかったりなacer ASPIRE AS1410ですがバックアップ用のポータブルHDDも買ったことだし、ぼちぼち環境設定を始めました(サスペンドはどうやらふたを閉めないでFn+F4でやればいいとか。。。後で試してみよう)。

    emacs23とかGnome DOとかDropBoxとかメジャーどころも当然入れましたが、日本人なら何はなくともATOKでしょう、ということでさくっと。。。。と思いきや、64ビット版には入れるの結構大変でした。悩んだところ、a-mutou さんの素晴らしいブログを発見したのでそのまま使わせていただきました。ありがとうございました。以下はコマンドのヒストリを防備録として貼り付けておきます。
    $ sudo apt-get install ia32-libs

    $ tar xzvf atokx3.tar.gz
    $ cd ATOKX3
    $ sudo -s

       94  export LANG=C
       95  touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules
       96  bash ./setupatok_tar.sh
       97  cd bin/tarball/IIIMF/
       98  tar zxvf iiimf-client-lib-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz
       99  tar zxvf iiimf-protocol-lib-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz
      100  mv ./usr/lib/* /usr/lib32/
      101  wget http://ftp.ussg.iu.edu/linux/ubuntu/pool/main/t/tcp-wrappers/libwrap0_7.6.q-18_i386.deb
      102  dpkg --fsys-tarfile libwrap0_7.6.q-18_i386.deb |tar xf -
      103  mv ./lib/libwrap.so.0* /usr/lib32/
      104  /sbin/ldconfig

      105  cd ~/tmp/
      106  tar zxvf atokx3up2.tar.gz
      107  cd atokx3up2/bin/ATOK/
      108  tar zxvf atokxup-20.0-3.0.0.i386.tar.gz -C /
      109  cd ../IIIMF/
      110  tar zxvf iiimf-server-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz --exclude='./usr/lib' -C /
      111  tar xzvf iiimf-server-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz ./usr/lib
      112  mv ./usr/lib/* /usr/lib32/
      113  sudo bash /opt/atokx3/sample/setting_debian4.sh

    で、IIIMF ステータスがじゃまなので消すのはジャストのサポートページを参照して作業します。

    ちなみにバックアップ用に買ったディスクはこれの黒。ポータブルで500Gで8千円は安いなーと思って昨晩バスケットに入れておいて、今朝注文しようと思ったら「価格が変わりましたー」と言って千円高くなってました。。。とほほ。

    Aspire 1410買っちった。。。

    勢いでAspire 1410買ってしまいました:)

    Windows7のリカバリディスクを作ってサクッと消してUbuntu9.10を入れ始めた所まではよかったんですが。。。これがハマるハマる(涙)

    64Bit版を入れて、その後updateしてるんですがカーネルか何かをあげたときに謎の”"/lib/libm.so.6 invalid ELF header error” でブート中に立ち往生とか、mountall中にfsck失敗とか、なんだそりゃ?ってな状況が色々。おかげでこんな時間に。。。うう。。

    ひとまず、JA-Localizedだけしてカーネルとかはそのままにしておけば一応使える状態になることが分かったので、今日はひとまずここまでにして寝ますかね。

     本日の印象まとめ:
    •  64Bit版だから?デスクトップの挙動が所々なんか怪しい。
    • キーボードは思ったよりいいと思ってたけど、この位のblogを書き出したらキーが「キュッキュ」って鳴いてる(ははは、こりゃうるさいな)
    • とりあえず明日はJDK入れよう。。。
    ふー、眠い。。。

    iMacのディスクがクラッシュ。。。

    PowerBookG4の時代からなのでそんなに長いわけじゃないけど、ここまで深刻なクラッシュははじめてなり...。
    何故かcキーを押しながらのDVDから起動も全くできないのでシングルユーザーモードで起動して、/sbin/ fsck -fyするも何度やっても修復できず...。
    口をすっぱくして言っていたバックアップも取っちゃいねー(笑...ゴトではない。Time Machineが動いてればよかったんだけどねー、ディスクが無かったんですよ。)

    うーむ、こりゃ修理行きかな?
    (で、慌ててAppleCare Protectionを探すも見つからないらしいよ...さてどうしたもんか。)

    ちなみに原因と思われること:
    •  10.6にアップデート中にスリープした
    • 気づいてマウスを動かして起こした
    • その後は無茶苦茶アップデートに時間がかかった
    こんなとこでしょうか。。。みなさまもお気をつけを。
    (ちなみに、僕のMacBook旧型に入れた方は今のところ快適!)

    UNRも試してみました

    ちゃんと比較してみよう、という訳で(?) Ubuntu Netbook Remixも入れてみました。日本語版(?)は9.04しかないっぽかったので、上記リンクのように英語版からたどってダウンロードしてUSBメモリからLiveCD状態で試してみました。



    Jolicloudと比べて、さらに美しくなったアイコンが迎えてくれました。
    カメラもちゃんと使えたし、無線LANでパスワードが受け付けられない!と思いきやたまたま機嫌が悪かった(?)だけなのか、再起動したらちゃんと使えました。Language Supportで日本語入れてログアウトしてみたんですが、やっぱりLiveCDじゃダメなのか日本語入力するまでには至らず。
    SDカードは左側のスロットはOKでしたが、右奥のスロットがNG。なんで?それに、何度もSDを抜いたりiPhoneをUSBで刺したり抜いたりしてたらOSごとハング。うーむ、やっぱり9.10は地雷なのか、たった数10分でハングするなんてオカシイよね...(そういえば再起動しろっていう警告ダイアログが出てたね。キャプチャは忘れちゃったけど)。この辺、ちゃんとインストールしてカーネル更新すればなんとかなるのかね?

    この段階だと、アルファ版と銘打っているJolicloudの方がいい感じだけど、SDカードスロットが動かなかったのは致命的か(そういえばJolicloudで9.10にアップデートしたらどうなるのかね?)。

    なんだかんだ言って、アスワン(AOA150-Bb)は意外と素直に動くハードなのかもね。最後、unameはこんな感じでした。

    ubuntu@ubuntu:~$ uname -a
    Linux ubuntu 2.6.31-14-generic #48-Ubuntu SMP Fri Oct 16 14:04:26 UTC 2009 i686 GNU/Linux
    ubuntu@ubuntu:~$ cat /proc/version
    Linux version 2.6.31-14-generic (buildd@rothera) (gcc version 4.4.1 (Ubuntu 4.4.1-4ubuntu8) ) #48-Ubuntu SMP Fri Oct 16 14:04:26 UTC 2009

    こんにちは Jolicloud!

    昨日2時頃寝る前にダメもとで申し込んだJolicloudのinvitation、今朝6時には来てたからかなり早かったですね。



    USBメモリから起動するモードでとりあえず手持ちのアスワンで動くかテストしてみました。結果 -> なかなか良好。
    WIFIはOK、タッチパネルはタップも右端でのスクロールも問題なし。この辺はいいですね。
    試した範囲では、右も左もSDカードが駄目でした。Webカメラは使うアプリが良くわからなかったので未検証。
    あと、日本語入力できるようにしてそこから書き込もうと思ったけどライブCD状態では無理っぽい(?)のでやめてしまいました(ということでこれは雪豹から)。

    Ubuntu Netbook Remixと何が違うの!?と言われるとやっぱりMy Jolicloudからアプリを簡単にインストールしたりする部分でしょうか。ラクチンでいいっす。必要なら、aptで入れればいいわけでして。んー、でもだったらUNRの方がいいじゃん?と言われると返す言葉なし。。。
    同じくクラウドOSを標榜しているChrome OSと比較したらどうか?という部分では、今のところはJolicloudの方が全然いい気がします。俗世間の人間はやっぱり必要があればローカルにgccとかscalacとか欲しいワケですよ。あっちの世界に行っちゃってる人々はその辺捨てて新しい未来を切り開きたいんでしょうけどね。

    さて、最後に起動音からしてUbuntu9.04な感じですが、unameとかは以下です。

    jolicloud@jolicloud:~$ uname -a
    Linux jolicloud 2.6.30-4-jolicloud #4 SMP Sat Aug 8 13:55:58 MDT 2009 i686 GNU/Linux
    jolicloud@jolicloud:~$ cat /proc/version
    Linux version 2.6.30-4-jolicloud (adamm@rusty) (gcc version 4.3.3 (Ubuntu 4.3.3-5ubuntu4) ) #4 SMP Sat Aug 8 13:55:58 MDT 2009

    Google日本語入力からこんばんは

    んー、長文になるとことえりより若干重いかも。
    速いマシンなら気にならないのかなー。

    というtwitter的な書き出して始まった西島の個人的ブログ、数年振りに復活です。
    や、別に書きたいことがあるわけじゃないんですがtwitterで収まらなかったものはここに書こうかなーという場所の確保、というだけですね。