JAWS-UG沖縄 Cloud on the BEACH 2015無事終わりました

JAWS-UG沖縄 Cloud on the BEACH 2015無事終わりました

JAWS-UG沖縄のGW前恒例行事のCloud on the BEACH、今年も無事開催することが出来ました。今年は史上最多のコンテンツ(?)で、登壇希望者に対して登壇ワクが足りないくらいの人気っぷりでした。いやはや、約4年前に細々と始めた当時からは想像もつかないくらいです。皆様のお陰で、愛されるJAWS-UG沖縄に育ちました。ありがとうございます。
この素敵な案内も毎年ありがとうございます!

イベント詳細はこちら(ゼネラル and テクニカル)から、Togetterのまとめはこちらに作成しました。各種資料や写真などを共有しているFacebookグループはこちら。まだ参加されていない方が居らっしゃいましたら、ぜひご参加下さい。

今回もゼネラルトラックとテクニカルトラックの2本立てでお届けしましたが、部屋が分かれている故に「あっちが面白そうだ」「あっちが気になる」見たいな動きには対応しづらいのがちょっと課題かも、ですね。

西島は今回もゼネラルトラックを見ていたので、テクニカルトラックの様子はほとんど分かりません(^^ゞ

何度か写真を撮りに行った際には、それなりに盛り上がっていたように思いました。まあただ、せっかくのコンテンツだったので、もう少し人数がいたら良かったかなぁと思いました(^^ゞ

ゼネラルトラックで感じた完全に変わった潮目

ゼネラルトラックの方は、ほとんどの方が「AWS触ったこと無い」という方々でした。このように何度やっても未経験者向けコンテンツが受けるという状況は、ここ沖縄でも変わりません。ただ、随分と潮目が変わってきているのは強く感じます。もう完全に現場は使ってみたいモードに切り替わってるんですよね。だけど「上司ガ〜」とか「会社ガ〜」とか「ドル建てガ〜」とか、どうでもいい障壁が残っているだけ、なんです。
ゼネラルトラックの様子。朝イチの小島さんのセッション
エンジニア自身が使いたいと思いさえすれば、あとの障壁は全然たいしたこと無くて、個別撃破可能なのでどうにかなるもんです。

以前から地道に「クラウド都市伝説バスターズ」やってきましたので、必要とあれば、会社の偉い人に向けて話をするのも全然問題ありませんので、ぜひお声がけ下さい。もちろんユーザグループの活動として動く分にはタダですよん(もちろんお仕事として呼んで頂ければ、それはそれで嬉しいですが(笑)。

がしかし、あまり進化していない部分も

ブログを書くまでが勉強会、と毎回お伝えしていますが、なかなか盛り上がってきませんね(もし西島のフォローしきれないところで書かれてましたら、Facebookのユーザグループページに投稿するなどして、是非共有してください!)。勉強会などのコミュニティ活動に参加していただくだけでももちろん嬉しいのですが、もう1歩何か踏み込んでもらえればいいのになぁ、というのも大きい希望としてあります。

ゲストの小島さんや多田さんのお話にもあったのですが、フィードバックがあってはじめて人間成長できるので、簡単な話でもいいので、なるべく登壇者・運営者の人々にはフィードバックを返していただけるとありがたいです。

また、ゲストの金春さんのお話にもあったように、コミュニティに貢献していると必ず誰かが見てくれているので、その結果、職に困った人というのは聞いたことありませんので、そう言う意味でもお勧めです(自分の経験も含めて(^^ゞ

という訳で今回は、イベント自体の話はおいておいて、そのあたりの話を深堀りしてみようと思います。