ハッカーズチャンプルー2016、無事終わりました

気づけばあっという間に2週間以上経っていますが、今年も無事ハッカーズチャンプルー2016が終わりました。ブログを書くまでが勉強会と煽ってる手前、自分も振り返りブログを書いておきます。

ハッシュタグのまとめはこちらにアップしてあります。

(ちなみにその間にも大阪出張したり、OSCさんに出させていただいたり、Goの勉強会やったり、いろいろしてました(^^ゞ

都合4回目、開発合宿+カンファレンスというフォーマットで挑んだ中では2回目のハッカーズチャンプルーでしたが、スポンサー各社・ご協力頂いたボランティアの皆様のおかげで、今年もそつなく、大きな事故もなく(小さい事故はいくつかありましたが(^^ゞ)、無事終えられたことを嬉しく思います。

今年は自分でも開発合宿に泊まりで参加し、合宿(宿泊)中に具体的にどのようなオペレーションが必要かを実体験しました(自宅から15分でしたが...)。

基本コンセプトの「参加者のみなさんの時間の使い方に対して極力干渉しない」は継続しており、公式イベントはチェックイン日のウェルカムパーティだけとしましたが、そのパーティーも楽しく盛り上がり、なかなか良かったのではないかと思います。

海に行きたい方は海に行き、部屋にこもる方はこもり、宿泊者以外で外部からも合宿会場で飲み食いし仕事をし、と様々な時間の使い方をしてもらい、こちらとしても嬉しかったです。

惜しむらくは素敵と評判のスパに一度も行く時間が取れず・・・ではなくて、まだ要望として「周りの人が何やってるか分かるといいな〜」という感想を頂きました。

これはなかなかさじ加減が難しい問題なのですが、例えばホワイトボードに付箋とか、Trelloのボードのようなもので誰が何をやっているか〜を共有しても良かったかもしれませんね。

ビーチがなくてもよかった?どう?

今年の合宿会場はビーチのそばではなく、またカンファレンス懇親会もビーチパーティを意図的に除外した設計になっていましたので、普通にそのまま従うだけだと、まったくもって海とお近づきになるチャンスは無かったかもしれません。

主催側としては一番気になっていたところでしたが、実際には前述のとおり自分で車を借りて遊びに行った方もいらっしゃいましたし、後泊を利用して海に行かれた方もいたりという感じでしたが、来沖されたゲストの皆様はどう思われましたでしょうか。
(全然関係ないですが、会場の窓の向きの関係で「初めてオスプレイ見ました!」という方が多数いらっしゃいました。現実世界においてあのティルトローター機を見る機会は、沖縄以外ではなかなかないと思いますので、それはそれで意義があった・・・?)

繰り返しになりますが今後も基本的に、押し付ける体ではなく自主的に・好きなように時間を使ってもらう、もちろん依頼されれば全力で遊ぶというスタンスで行きたいと考えています。

皆さんがうまい感じでイベントのフォーマットを使って、よりハッカーズチャンプルーを・沖縄を楽しんで頂ければ、と願っております。

県外からの合宿参加者が半数以上

今年の開発合宿は、学生補助を取り入れた関係で学生さん達が多数増えたかわりに(学生補助が行き渡らなかった方々もいました、ゴメンナサイ(;_;)、県内社会人の参加が若干減って、55%が県外からの参加ということになりました。

ヒアリングした範囲では「Rebuildでnaoyaさんが自慢しまくってたから」という事例が多数観測されました。流石naoyaさん、ありがとうございます&今年はお会いできず残念でした(^^ゞ

それはさておき、県内の社会人の方々にも、是非この開発合宿をもっと有効に活用してもらえたらな!と思っております。キッチリ合宿で新機能を開発しリリースされた実績もありますし、根を詰めた時間の使い方としてはかなり有意義と思いますので、是非ご検討下さい。

毎年少しずつ課題を解決

これを書くために昨年の「無事終わりました」ブログをざっと読んでみましたが、改善できる点は地味に潰している様子が手に取るように分かり、少し前進した感があって安心しました。

なかなか完璧なイベント運営というのは難しいと思いますが、少しずつ、理想に近づけていけたらなぁと思います。

ということで地に足つけて、地道に積み重ねていきたいと思います。
日々のコミュニティ活動でまたお会いできることを楽しみにしております。

そして、また是非来年もお会いしましょう!

EC2のSecurity Groupに自分のIPを登録するツール書きました

「過去に書いたあらゆる小物ツールをgoで書き直したくなる病に冒されている」西島です、こんにちは。

はい、今日もgolangの勉強中です。 今回のネタはよくある「IPがコロコロ変わる環境からEC2にアクセスするときどうすんだよおおお」問題を解決するために「七色石」というツールを書いてみました。

https://github.com/k-nishijima/nanairoishi

インストール方法などは上記READMEを見てください。

類似のツールはshellで書かれたものなど、いろいろありますね。いいんです、go言語の勉強なので(^_^;)

動きとしては、自分のグローバルIPを取って、セキュリティグループに追加、ヒストリに保存(次回同じ設定名で実行されたら、以前の設定をセキュリティグループから削除を試みる)、という、至ってシンプルな動きです。詳しくはソースを見てください。

モバイル環境ほか、よく落ちるルーター経由で仕事している人(自分)、もしかしたらオートスケール配下のEC2なんかでも使えるとは思いますが、試してはいませんので自己責任にてお願いします。
バグや何か面白いアイデアがあったらプルリクエストお待ちしております!

使い方

$ nanairoishi init
とするとコンフィグファイルの在り処が、
$ nanairoishi -h
とするとUsageほか設定ファイルの書き方例などが出ます。
config.yaml にはいくつでも設定がかけます。簡単に日本語で解説をつけときます。
Configs:
- Name: 設定名(この名前で update -n 名前と実行します。多分日本語はダメだと思います)
  Profile: aws_profile_name(AWS Credentialsにあるprofile名を指定)
  Region: us-west-2(リージョン名)
  ID: sg-aaaabbbb(操作する対象のセキュリティグループ名)
  Port: 8080(FromPort/ToPortをこの値で指定します)

- Name: myProject2
  Profile: aws_profile_name
  Region: us-west-2
  ID: sg-ccccdddd
  Port: 8081
上の例で、myProject2のセキュリティグループを更新したい場合は、以下のように実行してください。上手くいくと最後にDescribeSecurityGroupしてくれます。
$ nanairoishi update -n myProject2

七色石ってなあに?

それはもちろん・・・

ここ最近のコミュニティ活動報告

仕事でブログ書いてると、本当に個人ブログとか書かなくなりますね。。。

ということで久しぶりに書いてみました。ここ最近登壇させて頂いた資料とか、もうあと3週間を切ったハッカーズチャンプルー2016の宣伝などです。

第2回Golang勉強会 in Okinawa

https://okinawa-go.doorkeeper.jp/

「沖縄でgoやろうぜ!」という有志が集まって始めた okinawa.go ですが、 先日5月21日に第2回勉強会を開催しました。「ブログを書くまでが勉強会」といつも口酸っぱくいいつつ、自分では全然書いていなかったので、まずこれを書いてみます。

第2回は「すごい広島」方式でやることを宣言して、お菓子を食べながらモクモク各自作業をする、というアットホームな感じでやりました。真剣に、でもゆるく1つのテーマに集中して勉強するのは、社会人にとってなかなか時間が取りづらいものですが、こういうふうに集まってやると集中できていい感じです。参加者の皆様からは
  • 「みんなシーンとしてやってて、楽しいの僕だけかと思ってました!」
  • 「久々にコード書けて良かったです!」
などなどの声が上がっておりました。
みんなのやったことはIssuesにありますので、よろしければ見てみてください。

さて、西島は何をやっていたかというと、2点ありまして、1つは http://okinawa-go.github.io/ を hugo で構築してました(まだIssueクローズしてない・・・)。仕事で鬼のように使っている hugo で、速攻(1時間弱くらい?)で GitHub pages にコンテンツをアップしました。 hugo は golang で書かれている静的Webコンテンツ生成エンジンです(RubyにおけるJekyllみたいなもん)。

本当はどういじったかという話をチュートリアル的にまとめよう、と思っていたのですが↓の資料を作っていた関係で時間がなく、断念しました。hugo は微妙いところも多数ありつつもかなりイケてるツールなので、これはこれでまた別途共有したいと思ってます。

2点目は、「Helloworldの次の一歩」というLT資料を作っていました。以下に貼ります。


勉強会の最後にこの資料を発表しつつ、みんなで「あーだーこーだー」いいながら知見を共有しました。
そういえばその後の展開ですが、初めてお客様先に導入したgoで書かれたツールは、無事元気に動いているようです。良かったよかった(^^)

第1回Golang勉強会 in Okinawa

2016年は3月19日に行われた第1回の報告ブログは、木下さんが詳細にまとめてくださっているのでリンクを貼ってお茶を濁そう(^_^;)

ちなみに第1回でLT(というほど短くなかった。。。)した資料も貼っておきます。若い学生さんたちが多数来そうだったので、こんな話をしてみました。みんな熱くなって、なかなかに好評でした(^^)


[勉強勉強会]本当にいい結果を出す勉強法について考える会

第1階と第2回のあいだの4月23日には、なんと Java Küche の勉強勉強会 で登壇させていただきました。Java Küche は沖縄でもっとも歴史と伝統あるコミュニティのひとつでです。どうやら上の「楽しいエンジニアライフを送るために重要なこと」を見てお声が掛かったようでです。まさか登壇の機会をいただけるとは思っても見ませんでしたので、感謝感激&恐縮でした(^^;)

「楽しく仕事をするために必要な栄養素」と題した資料はこちらです。これまた学生の方が多く参加されていたので、少しでも何か持ち帰ってもらえたのなら嬉しいなぁ、というところです。


JAWS-UG沖縄 Cloud on the BEACH 2016

で、更に勉強勉強会の翌週の4月29日ですね、JAWS-UG沖縄の定番イベント Cloud on the BEACH 2016 も無事終わりました。こちらは報告を会社ブログに書いてありますので、そこにリンクを貼っておこう。

いい天気でしたが反省することも多かったビーチパーティ、来年はなんとかしたいと思いますm(_ _)m

ハッカーズチャンプルー2016はもうすぐだ!だ!だ!

http://hackers-champloo.org/2016/
さて、沖縄ITエンジニアのお祭りであるハッカーズチャンプルー2016が、もう3週間後に迫ってきました。

事前の仕込みも大部分は終わり、あとはワクワクドキドキの本番まで指折り数える感じになってきました。スポンサーになって頂いた企業の皆様、運営を支えて下さるボランティアのコアメンバーの皆様に感謝です。当日ボランティアに名乗りを上げて頂いた皆様は、当日よろしくお願いします!!

このプログラムを見ても、もうワクドキしかないですね!
http://hackers-champloo.org/2016/program.html
メインセッション&ライトニングトークも盛り沢山です。

イベントは6月22日からの開発合宿からスタートです。皆様楽しみましょう!

2016年、今年もワクワク始まりました

あけましておめでとうございます。 2016年の元旦は、風がちょいあるけど太陽も出て暖かく(というか暑く)、いい天気のスタートになりました。これなら明日海に行けると思います(^^)

今年も特に年末年始らしいことは何もせず、大掃除も特に無く、ごく普通の週末のように過ごしております。ちょっと違うのは珍味を買ってきたり、お餅が内地から届いたりするくらい(沖縄の甘いやつじゃなくて、内地のお米圧縮結果のあれ)。

どれくらい普通の週末かというと、大晦日にはいつもの行きつけのビアパブでビールとウィスキーを飲んだくれて、朝は知る人ぞ知る吉元弁当さん(コザにあるお弁当屋さんで、24時間年中無休!ということで当然元旦もやってる)でお弁当を買って、犬を連れて倉敷ダムで朝ごはん、帰りには車をザクっと洗車してお昼は食べたり食べなかったりで←イマココ、というくらい普通です。

2015年の人生の一大転機(?)の割に、こうして、自分の思うとおりに普通にいられることに、感謝です。

2015年の振り返りと2016年の抱負っぽい話

2ヶ月のプータローの後、3月よりアールスリーインスティテュートにJoinして爆走したわけですが、新米ゆえの遠慮というか自重が少し出すぎたかな、と若干反省するところもありました。目標に対して達成できたこと、出来なかったこと色々ですがそれらを糧に、今年は少しずつ自分色を出していこうかな、と思っています。

リモートワーク Advent Calendar 2015 というのがあると後で知ったのですが、リモートワーク歴も5年目に入り、もう珍しくも何とも無くと自分では思っていたのですが、皆さんまだまだ色々あるなぁと感慨深く思いました。みんなが色々試してその経験を共有して、それぞれの人生にフィットした、より良いワークスタイルを探求していけるといいですね。そのような働き方を、受け入れることの出来る会社が少しずつ増えていくことに期待したいです。

何年かぶりに仕事でブログを書きだしたので、こちらのブログはますます更新頻度が下がってきましたが(^_^;)、何かのイベントのまとめとか、自分の意見の表明とかにはまだまだこちらを使うこともあると思いますので、細々とやっていきたいと思います。

コミュニティ活動も、今年もハッカーズチャンプルーとJAWS-UGを中心に、動いていきたいと思ってますので、よろしくお願いします!

コミュニティドライブの話

そういえば、昨年末には「勉強会の高齢化問題」や「内輪ノリ問題」といったある意味古くて新しい問題が一部で盛り上がりを見せていたようですが、なんというか、根本的に違う問題を同じ単語で取り扱ってるのが、なかなか混乱のしがいがあるな、と思って眺めておりました。

全く直交した発想に思えるので議論にはならないんだと思いますが、一応ポジションを表明しておくことには意味があるかなと思って、以下書いてみます。

技術系のコミュニティって、そもそも「自分はこう考えてこうやって見たけど、どうかな?」「こんなイケてることやったから見て欲しい」「あれのここが糞だったからこうしてやったぜ」っていう、自己表現の手段のひとつですよね?

それがイケてればその人はそこでヒーローになるし、フォロワーが付いてそこでもコミュニティが形成されるし、なんの面白味もなければ興味を持ってもらえずに終わる。それだけの話しなのでは。だから、「Just for Fun」。

そうでないものは、みんな自分をイベンターとして仕立てて、イベントを開催してそれを「コミュニティです」って言ってるだけの気がする。

勿論、そういうイベントも有り。だけど、それを同じ単語「勉強会コミュニティ」と言ってるから、混乱するんだと思う。個人的に、そういうものに「コミュニティ」という単語を使うのは、非常に気持ち悪い感じがする。普通にセルフブランディングとか企業セミナーって言えばいいのに。

勉強会って、別に必ず継続して新しい人が来て活性化しなければいけないものじゃない。いずれにしても最後は、同じ道具を使ってる人同士が傷を舐め合う会合になって終わるものだし (コミュニティがそこに至る過程を某Mr.OJMさんと飲みながらディスカッションしたとき、彼はかなり受けてました(笑)

で、その状態になったら、つまり「停滞したら」「高齢化したら」「排他的になったら」、単純に止めればいいんじゃないの?と思うんですが、どうですかね。

「高齢化」っていうのも単に年齢が高いって言ってるのか、その技術に触れているのが長いって言ってるのか、定義がよく分からないけど、もし万が一前者だとしたら、例えばある日思い立ってクラウドの勉強会に来てみた、という人生の諸先輩方に対して、とんでもなく失礼な物言いだと思う。

勿論、あるコミュニティをドライブし続けている間は 前から言っているように 、新しくそこにやってくる人に対する配慮は当然必須ですよ?だって、いつも言ってますけど、これだけメジャーになったのが謎なくらい、勉強会とかどう考えても怖いもん。そこに飛び込んできてくれた人の勇気に対する配慮は、当然必要です。

でも、それは別に当たり前の話であって、至上命題じゃない。

その技術が、プロダクトが、自分たちが面白いと思ったから集まってディスカッションしてるわけで、面白くなければ誰の興味も惹かないし、コミュニティも続かない。それ以外の、いつも同じ人が喋ってるとか、若い世代の登壇がないとか、枝葉の話題はどうでもいい。だって「技術の」コミュニティなんだから。同じ人が毎回喋ってても、毎回魅力的な内容なら、全然問題ないよね? 少なくとも、自分はそう思います(その人がしんどいから負荷分散したい、というのはまた別の話)。

なんだか、長くなってきたから、この辺にしておこうかな。最後にTEDの中でも好きなこの話を貼っておきます。

始めの2人まで、3人までは内輪ノリ?それとも5人まで?

僕は最後の大集団も、壮大な内輪ノリだと思うな。

そんな当たり前のことをイチイチ気にしてないで、楽しいから一緒に踊ろうぜ!

それでは、また。

あ、新年は1月16日のJAWS-UG沖縄 ゼロから始めるモバイルアプリ開発 / AWS Mobile Hubハンズオンでお待ちしております!